本文へスキップ

お車のチューンナップはKBCへ            .

                              

COIR BENCHMARKHEADLINE

点火コイルの性能を測定できる テストベンチ

機能
・コイル能力ベンチテスト
・点火コイル単体テスト対応
・イグナイター内蔵コイル対応
・絶対最大ドエルタイム・電流・コイルパワーTM
・ドエルタイム指定最大電流・コイルパワーTM

利用用途
・ECU設定ドエルタイム調査
・点火コイルの能力比較
・点火系チューニング
・ワンメイクレース・エコラン
・コイル選択・性能測定・劣化判定
・コイル・イグナイター動作テスト
・点火コイルの開発・改造

効果的な利用方法の例


イグニッションコイルを変更できない車両

1. 限界ドエルタイムを超えない範囲でドエルタイムを伸ばす。
2. コイルベンチマークの供給電圧を上げてドエルタイムを計測して設定する。
3. 絶対最大値テストAbsolute Test で、点火コイルの絶対最大値を確認し、ADT.(Absolute Dwell Time)を超えない値にドエルタイムを設定する。

 

ドエルタイムを変更できない車両
1. コイルの限界ドエルタイムが、ECUの設定ドエルタイムに近く、ACP. (絶対最大コイルパワーTM)の大きいイグニッションコイルを選択する。
2. ドエルタイム固定モードで、車両と同じドエルタイムに設定してRCP. (コイルパワーTM)が多いコイルを使用する。
3. イグナイターや配線ケーブル類を含め、RCP. (コイルパワーTM)が多い組み合わせを使う。

 

コイルもドエルタイムも変更できない車両(ワンメイクなど指定された品番以外使用できない)
1. AbsoluteTest(絶対仕様テスト)により、ADT.( 限界ドエルタイムTM)の短いイグニッションコイルを探す。
2. Fixed Dwell(ドエルタイム固定モード)で車両と同じドエルタイムに設定し、RCP (コイルパワーTM)が多いコイルを選ぶ。


ハイエースオリジナル商品
ハイエースターボ
エクトレイル
ランエボ9
フーガ3.5HR
タンドラ5.7L
ハイエース